Showing posts with label drawing. Show all posts
Showing posts with label drawing. Show all posts

Tuesday, June 26, 2012

Laurie Lipton Exhibition Information - L.A. SOUS-REAL - @ Ace Gallery Los Angeles


ローリー・リプトン (Laurie Lipton) から新作展の案内が届いていた。
新作展は "L.A. SOUS-REAL" と題され、ロサンゼルスにある Ace Gallery Los Angeles で2012年7月14日から2012年9月8日までの開催される。
また、7月14日は午後7時から午後9時にかけオープニング・レセプションが開催されるという。


 "L.A. SOUS- REAL": an exhibition of new work by Laurie Lipton

OPENING RECEPTION: Saturday, July 14, 2012, 7- 9 PM

ACE GALLERY LOS ANGELES, second floor
The Wilshire Tower: 5514 Wilshire Blvd.
Los Angeles. (between La Brea & LACMA).
http://www.acegallery.net/losangeles.php


The Official Website of Laurie Lipton

Friday, February 10, 2012

山城 えりか (Erika Yamashiro) Exhibition Information - Group Exhibition Hello Spring! - @ GR2


山城えりかからロサンゼルスで開催されるグループ展のお知らせが届いていたのでご紹介。
"Hello Spring!" と題されたグループ展がソーテル・ブルバード (Sawtelle Blvd) にあるGR2というギャラリーで2012年02月18日から2012年03月07日にかけて開催される。
サンタモニカやベニスビーチあたりに行く用事のある方は、覗いてみてはいかがだろう。

The Giant Robot 2 (GR2) presents: Hello Spring!

Feb 18th - March 7th, 2012
Opening reception Saturday Feb 18th 2012, 6:30-10pm


Spring is upon us and mysterious, whimsical, and even gritty fits the artists below. It’s going to be a fun exhibition.

The exhibition includes work by:

APAK
Ulises Farinas
Renee French
Pamela Henderson
Albert Reyes
Erika Yamashiro

Giant Robot was born as a Los Angeles-based magazine about Asian, Asian-American, and new hybrid culture in 1994, but has evolved into a full-service pop culture provider with shops and galleries in Los Angeles as well as an online equivalent.


GR2
2062 Sawtelle Blvd
Los Angeles, CA 90025
(310) 445-9276
http://www.giantrobot.com/gr2/

グループ展が始まるまでに山城えりか以外の参加メンバーについて、何人かは情報をまとめてエントリを立ててみたいと思う。

Erika Yamashiro

Thursday, January 12, 2012

Brett Manning






Brett Manning (ブレット・マニング)
シカゴ (Chicago) 在住のアーティスト。

ブレット・マニングの作品には視覚的日記とでもいう側面があって、感傷的になる、忘れがたい出来事が作品の中に織り込まれているという。
また、作品の制作には夢が反映されることもあり、曖昧な象徴やほのめかしがちりばめられた作品はある種の物語を語りかけているかのように見える。
様々な欠片を集め、それらを思い思いに接続し、言葉無しで何か思いのようなものを伝えることを試みている。


Brettisagirl.com

Flickr: brettisagirl's Photostream

Thursday, September 29, 2011

Laurie Lipton Exhibition Information - CARNIVAL OF DEATH - @ Last Rites Gallery


ローリー・リプトン (Laurie Lipton) から個展の案内が届いていたので紹介しよう。
2011年10月1日から2011年10月23日にかけてニューヨークのギャラリー Last Rites Gallery で "CARNIVAL OF DEATH" と題された個展が開催される。

LAURIE LIPTON'S "CARNIVAL OF DEATH"
October 1 - October 23
Last Rites Gallery

Opening Reception: Oct. 1st, 7-11 PM


NEW YORK, NY (October 1st, 2011) — Last Rites Gallery presents The Carnival Of Death, new works by Laurie Lipton, in what will be her first solo show at the gallery.

A master of graphite, Laurie Lipton’s detailed drawings explore the passages of life and the portal into death. With technical prowess, she approaches her subject matter with a unique blend of both elegance and dark humor. Influenced by Día de los Muertos iconography, this exhibit runs just prior to The Day Of The Dead, commemorating the holiday by which it was inspired.

“I became fascinated by the contrast between the Day Of The Dead festival in Mexico and my experience of my mother's death. My parents were atheists. We had no ceremony, no goodbyes, no "closure". My father instructed the hospital to cremate my mother and dispose of her ashes. She was gone, disappeared, zapped out of existence. I was left with Nothing... literally and metaphysically. Friends & family treated my mother's death like an embarrassment. They awkwardly murmured Hallmark platitudes before slinking uneasily away. Death is as forbidden a topic in modern society as sex was in Victorian England.

When I visited Mexico in order to see The Day Of The Dead festival some years later, I couldn't help feeling envious of their approach to mortality. Families gathered on graves and picnicked, whole villages turned up with food for households in mourning. Death was treated as normal, even silly. Candied skulls grinned in their hundreds and skeletons danced in a fair-ground atmosphere. I decided to rebel against my heritage and create drawings inspired by the mood and atmosphere of the Mexicans. I decided to get in-touch with my bare bones. My culture runs from death, screaming. We worship youth, beauty and the illusion that we have all the time in the world. We frantically face-lift and botox, and throw pills, creams and money at death. We fool ourselves into thinking that death only happens to other people & only losers die. Skulls always look like they're laughing. Maybe the joke is on us?”
-Laurie Liption


Last Rites Gallery
511 W. 33rd Street, 3rd Floor
NY, New York 10001
Tel: (212) 529-0666
http://www.lastritesgallery.com/

The Official Website of Laurie Lipton

Thursday, February 3, 2011

Iris Ugurel



Iris Ugurel (アイリス・ウグレル ?)
1976年にデュッセルドルフで生まれた。
現在はベルリン在住。
アーティスト。

Iris Ugurel


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

Tuesday, January 25, 2011

Fabiana Faiallo





Fabiana Faiallo (ファビアナ・ファイアロ ?)
ブラジル在住。
Flickr で作品を公開している。

デフォルメの仕方が北米的。

ポストしたのは、

"fadinha restaurada 2"
"Beija flor"
"Cabelismos"
"Cabelismos 2"

の4点。
髪にこだわる人は好きだ。
ポストした作品のような、ここ最近の作風で描かれた作品をもっと見てみたい。

Flickr: Fabiana Faiallo's Photostream


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

Monday, January 17, 2011

Jenny Mörtsell (Jenny Mortsell)






Jenny Mörtsell (Jenny Mortsell、イェンニ・モッチェル)
スウェーデンのストックホルム (Stockholm) で育った。
イラストレーター。
現在はニューヨークを拠点に活動している。

2004年にスウェーデン国立ストックホルム美術工芸デザイン大学であるコンストファク (Konstfack) を卒業し、イラストレーターとしての活動を開始。その後活動の場をニューヨークに移した。

Flickr: Jenny Mörtsell Draws' Photostream
イェンニ・モッチェル|イラスト(Illustration)|スウェーデンのアート&デザイン|SWEDENavi[スウィードナビ]


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

Friday, January 14, 2011

Rebecca Fin Simonetti






Rebecca Fin Simonetti (レベッカ・フィン・シモネッティ)
オンタリオ州 (Ontario) のトロント (Toronto) 在住。
画家。

ご本人からメールを頂いた。
かなり前からこのブログを見ていたとのこと。
ありがたいことです。

作品の多くは女性や少女を描いたもので、時に荒々しく描かれている。
みんな若いのに (若いから?) 孤独で疲れている感じ。

ポストした作品は、

"RAFT OF STYX" (2010)
"RED MILK" (2010)
"WAITING FOR PERSEPHONE" (2009)
"Black Lake" (2010)
"SPITTING BLOOD INTO A SNOW BANK" (2010)

の5点。
この5点のうち、4点はメールに添付されていたもので、2009年に描かれた作品をサイトからDLした画像の中から加えた。


Education:
2009. BFA, Ontario College of Art and Design
2004-2006. Film Production, York University


REBECCA FIN SIMONETTI


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

Tuesday, November 23, 2010

イヂチアキコ (Akiko Ijichi) Exhibition Information - Inner child - @ アートアイガ



イヂチアキコから個展開催の告知が届いた。
なんと5年ぶりの個展だそうで、アートアイガにおいて、2010年12月3日 (金) から2010年12月18日 (土) にかけて開催されるとのこと。
旧作に加え、新作も9点ほど展示され、レースペーパードローイングも100枚近く発表するという。
かなり見応えのある個展になりそう。

レースペーパードローイングというのは、上に貼り付けた2枚目の画像の様なものらしく、ドローイングを輪郭に沿って切り抜き、レースペーパーに貼り付けたものなのだそうだ。

イヂチアキコは金曜日と土曜日に会場にいることが多いそうで、稀にそれ以外の曜日にもいるかもしれないとのこと。

☆Akiko Ijichi solo exhibition☆
“Inner child”


2010.12.3(金)~2010.12.18(土)
13:00~19:00 OPEN
(*日、月 Close)

Commercial Gallery ART☆AIGA
現代美術企画画廊 アート★アイガ
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-22-9 宮地ビル2F
TEL/FAX 050-3130-1316
http://www.artaiga.com/

地下鉄日比谷線八丁堀駅 【A5】出口 徒歩1分
JR京葉線八丁堀駅 【B1】出口 徒歩4分
JR東京駅 八重洲中央口から徒歩13分

13:00-19:30  休廊 日・月

akiko-ijichiweb - @T COM(アットティーコム)
屋根裏部屋


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

Thursday, November 11, 2010

Eveline Tarunadjaja - recent work -




Eveline Tarunadjaja (エヴェリン・タルナジャヤ)
メルボルン在住。
イラストレーター。

カレンダーやギフトタグそのものにはなんの問題もないんだけど、それを撮影した写真については正直どうなんだ?というところがあるので、エヴェリンの最近の作品も続けてポストしておく。
いつも同じこと書いてるが、でもやっぱり髪にゾクゾクする。

Eveline Tarunadjaja
with love and squalor
Flickr: love pad's Photostream

Saturday, October 9, 2010

Laurie Lipton Exhibition Information - Machine Punk - @ La Luz de Jesus Gallery





Laurie Lipton から今度開催される個展についてのメールが届いていた。
2010年11月5日から2010年11月28日にかけてロサンゼルスにある La Luz de Jesus Gallery というギャラリーで "Machine Punk" と題された個展を開催する。

ヴィンテージフォトをインスピレーションに描かれたような作品群からして、"Machine Punk" という個展のタイトルは "Steampunk" を意識して付けられたものだろう。
Laurie Lipton の作品におけるレトロフィット感覚は個人的にツボ。


Laurie Lipton
"Machine Punk"

La Luz de Jesus Gallery
November 5 - 28, 2010
Artist Reception: Friday, November 5th; 8-11 PM

“This show was inspired by the Steampunk movement that is sweeping Britain. Instead of steam, however, my devices are mostly run by electricity and madness. I was vacuuming one day and noticed the amount of plugs and cables on the floor... a veritable wasp's nest of wires and sockets connecting a hoard of gadgets and doo-dads intertwining around the house and my life. I was trapped like a fly in an electrical web. What had happened? Were these things making my life easier or more complex? I began with The Steam Punk Pocket Watch, an absurd idea of a time piece too huge & complex for anyone's pocket, and went whirling on from there. These machines are designed to hinder, control and/or give the illusion of technology. I had a tremendous amount of fun creating the images and think that this show will touch anyone who has ever become entwined, up to the eyebrows, in the Technological Age.” –Laurie Lipton

La Luz de Jesus Gallery
4633 Hollywood Blvd. Los Angeles, CA 90232
phone: 323-666-7667
email: info@laluzdejesus.com
http://www.laluzdejesus.com/

Gallery hours:
Monday to Wednesday, 11 a.m. to 7 p.m.
Thursday to Saturday, 11a.m. to 9 p.m.
Sunday, noon to 6 p.m.


Laurie Lipton's Official Website