Showing posts with label 清真美. Show all posts
Showing posts with label 清真美. Show all posts

Thursday, February 2, 2012

清真美 (Mami kiyoshi) Exhibition Information - Group Exhibition "Demeures" - @ Cité internationale des arts Paris


現在フランスのパリ滞在中の清真美から、パリ国際芸術都市 (Cité internationale des arts Paris) で開催されるグループ展に参加しているというメールを頂いたのでご紹介。
2012年1月26日から既に開催されているこのグループ展 "Demeures" は、2012年2月11日まで開催されるとの事なので、期間中にパリを訪れる機会のある方は足を運ばれてみるといいだろう。
清真美以外にも、上岡雄貴、山口貴子という邦人アーティストがこのグループ展に参加している。
二人とも Twitter のアカウントがあるので、興味のある方はそちらを覗いてみられるといいだろう。

パリで開催中のグループ展に出品していますので、お知らせいたします。
「新釈肖像写真」シリーズより、欧州で制作した新作をメインに12点展示しています。

グループ展 "Demeures"
2012年1月26日から2月11日まで

Florian Bezu, Paul Bertier, HuynBi Gerhard-Choi, Jeremy Gobe, JiHyun Jung,
Mami Kiyoshi, EunHwa Lee, Sandra Lorenzi, JaYong Park ,Takako Yamaguchi, Yuuki Ueoka
Commissariat Bernard Gerboud


Cité Internationale des Arts
18, rue de l'Hôtel de Ville - 75180 Paris cedex 04, France
Tél: (33) 01 42 78 71 72
http://www.citedesartsparis.net/

開館時間: 14〜19時まで (※日曜は除く)

Mami KIYOSHI Freelance Photographer

Wednesday, January 19, 2011

清真美 (Mami kiyoshi) Exhibition Information - van Eyck meets Japan - @ MICHEKO GALERIE





先日エントリを立てた清真美から、ドイツのミュンヘンで個展を開催するというお知らせが届いたのでご紹介。
昨年6月にオープンしたばかりという MICHEKO GALERIE で2011年1月21日から2011年2月27日にかけて、"van Eyck meets Japan" と題された個展が開催されるそうなので、開催期間中に現地に滞在しておられる方は是非足を運んで頂けたらと思う。
作品は、« New Reading Portraits / 新釈肖像写真 » シリーズ、« Tropical Family / 熱帯家族 » シリーズと、ヨーロッパで撮影された新作も併せて展示するとのこと。

van Eyck meets Japan
Portraits von Mami Kiyoshi
Ausstellung vom 21. Januar bis 27. Februar 2011


MICHEKO GALERIE
Theresienstr. 18, D – 80333 Munchen
T: +49 89 38 16 93 88
http://www.micheko.com/present-exhibition/

《関連エントリ》
traveling with the ghost: 清 真美 (Mami kiyoshi) - « New Reading Portraits / 新釈肖像写真 » -


Mami KIYOSHI Freelance Photographer


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

Thursday, January 6, 2011

清 真美 (Mami kiyoshi) - « New Reading Portraits / 新釈肖像写真 » -




清真美 (Mami kiyoshi)
東京都在住。
写真家。

1997年に武蔵野美術大学映像学科を卒業。
卒業後はコマーシャルフォトスタジオ「スタジオアール」で働き、その後独立。
現在はフリーランスの写真家として活動。
« Tropical Family / 熱帯家族 » シリーズ、« New Reading Portraits / 新釈肖像写真 » シリーズを制作。

清真美に作品使用についての問い合わせをしようと思い立つ前のことになるが、ガブリエル・ジョーンズ (Gabriel Jones) という写真家のエントリを立てたことがあり、その情報をまとめているときに、"environmental portrait" と呼ばれる肖像写真のスタイルについて知った。
簡単に説明すると、"environmental portrait" とは、スタジオや予め準備された場所で撮影した肖像写真と違って、被写体をその生活環境の中で撮影した肖像写真のことである。
パッと思いつくところでは、都築響一の 『TOKYO STYLE』 や 『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』 なども "environmental portrait"ということになるだろう。
清真美の作品を見た時に思い出したのがその "environmental portrait" で、メールでの問い合わせ時にあなたの撮影している肖像写真はそれに当たるのでしょうか?といった内容の質問をしてみたところ、自分の撮影している肖像写真は正しくそれですというお返事を頂いた。

また、作品の使用についても快く許可して頂き、« New Reading Portraits / 新釈肖像写真 » シリーズの使用に当たっては、被写体の方々にも許可を取って頂いた。

更に、各写真についての説明もお寄せ頂いたので、引用してみたい。
1枚目は、
昭和三十年代的な雰囲気にコーディネートされたレトロな部屋には着物の帯 (かな?) が並べられ、団扇を持った女性が椅子に座って澄ました表情をしているポートレート。
舞台等でご活躍の女優さん。一緒に住んでいた祖母が亡くなり、家をリフォームすることになったので、その前に思い出の品とともに撮影したいというご依頼でした。
並んでいるのは、和裁をしていた祖母の作った着物です。
2枚目は、
何枚もの絵が立てかけてある部屋で、椅子に座った女性が子供を抱いているポートレート。
油絵学科出身の幼なじみ。現在は3人の子供の母になっています。
3枚目は、
民族楽器っぽい魚型の鉄琴を腕に抱えた女性のポートレート。
彫金作家さんで、鳥籠以外は、鉄琴も含めてすべて彼女の作品です。自宅のベッドルームで撮影しました。
こうしてみると、清真美の撮影した写真がエンバイアメンタル・ポートレート (環境ポートレート) そのものであることがよく分かる。

Mami KIYOSHI Freelance Photographer

読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません