Wednesday, February 8, 2012

Rafael Cauduro








Rafael Cauduro (ラファエル・カウドゥロ?)
1950年にメキシコの首都シウダ・デ・メヒコ (Ciudad de México, Mexico City、メキシコシティ) で生まれた。
メキシコの画家。
壁画作品を多く手がけている。
メキシコ壁画運動の流れを汲むメキシコ壁画界の巨匠という位置づけでいいのだろうか。

イベロアメリカーナ大学 (Universidad Iberoamericana) で建築と工業デザインを学び、1972年に卒業。
1976年にシウダ・デ・メヒコで最初の個展を開き、1981年から数年は Gallery Mizrachi と緊密な関係を築きながら創作活動に打ち込んだ。
1986年、バンクーバーで開催されたエキスポにおいて壁画を作成し、その作品は論争に晒されることとなったという (だが、調べてもどういった論争だったのかがまったく分からない)。
1991年になると、ニューヨークではニューヨーク近代美術館 (The Museum of Modern Art, New York, MoMA) とアレックス・ローゼンバーグ・ファイン・アート (Alex Rosenberg Fine Art) で、ロサンゼルスではルイス・ニューマン・ギャラリー (Louis Newman Galleries) と Tasende Gallery で展示会が開催された。
その後はメキシコ国内では公共機関の壁画を手がけるなど活発な活動を続けている。

ポストしたのは、

"Ángel de Sodoma y Gomorra" (1995)
"Tzompantil con ángeles y nina" (1995)
"The secret of a medecine cabinet" (1988)
"Las puertas del tiempo" (1992)
"La Roma de Nikki (detalle)" (2008)
"Fantasía en la tina" (1992)
"Narciso" (1991)

の7点。

Rafael Cauduro - Artista Plástico
Wikipedia

No comments:

Post a Comment

Post a Comment