Thursday, January 27, 2011

Yigal Ozeri






Yigal Ozeri (イガル・オゼリ)
1958年にイスラエル (Israel) のテル・アビブ (תל אביב-יפו‎, تل ابيب-يافا‎, Tel Aviv、テル・アビブ・ヤッフォ) で生まれた。
1990年にニューヨークに移住し、以後同地に住んでいる。
画家。

写真家の間違いじゃないの?と思われる方がいるかもしれない。
ニラメッコして頂くとお分かりになると思うがポストした作品は絵であり、イガル・オゼリは正真正銘、画家である。
といっても写真がまったく関係ないかというとそうでもなく、作品を描くに当たって大切なことのひとつは写真の撮影だそうで、PC には撮影した写真のアーカイブがあり、整理されたそのデータの中から使用する画像を選ぶのだという。
そして、キャンバスにグリッドを描き、ドローイングを投影し、写真を参考に描き始める。
オゼリは自作における写真と絵画の関係について、
"What the camera captures is the closest to life, to real life, to one’s reality, to one’s breathing. The camera doesn’t lie. That is why it isn’t photorealism, it isn’t hyperrealism, it is reality."
と語っている。


"-" (-)
"Untitled; Megan in the Park" (2009)
"Untitled; Jana and Jessica in the Field" (2009)
"Untitled; Jessica with Vines" (2009)
"Untitled; Priscilla in Cloud Forest" (2008)

検索していて、このエントリ用にチョイスした作品のひとつが、エリザベス・ジャガー (Elizabeth Jagger) をモデルに描かれたシリーズの中のものであることがが分かったので、そちらでひとつ別のエントリを立てることにした。いや、見たことのある顔だと思ってたんだよね。


Yigal Ozeri - Mark Moore Gallery
Yigal Ozeri - Mike Weiss Gallery
Galerie Dukan&Hourdequin
Yigal Ozeri on artnet
Alas Pink Pigeon: NYC Artist: Yigal Ozeri


読み込み中
クリックでキャンセルします
画像が存在しません

No comments:

Post a Comment

Post a Comment